健康保険は損の場合も

健康保険は定期的に見直し

健康保険に入るデメリット

健康保険は多くの方が入っており、そのほとんどは体が健康な状態で入っている人が多いです。しかし早く入っておくメリットもあればデメリットも存在します。具体的には入った時点で状態がよいとこれから先どんな病気やけがを負うかわからないからです。入るにしても様々な保険が存在する為、病気になった時に適応する保険に入っていないというケースも存在します。また病気になってからでは入りにくいこともあり、あまりに早期から入るとかえってお金だけ浪費して必要なものを選択できていないという事態にもつながります。そのため自分の健康状態を把握し、定期的に見直しをして損をしないことが大切です。

就職したら健康保険組合に加入

就職したら正社員や契約社員はもちろんパート社員も配偶者の扶養に入れないほどで年収103万円以上の方は、その就職先の社会保険に加入することになります。毎月の保険料は報酬月額により、健康保険の待遇は同じでも収入の多い方は高くなります。主な待遇に無料で健康診断を受けることができます。それと、病院での支払いは総額の3割を負担することになります。仮に入院や手術をすれば、かかった金額によりますが、高額医療の対象となり、ある一定の金額を超えてもその金額までしか支払わなくても良いのです。ありがたいルールですが、健康が第一ですね。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 加入必須の健康保険の種類 All rights reserved