健康保険の必要性

健康でも健康保険に加入を

健康でも健康保険を持ち歩く利点

健康は何よりの幸福ともいわれ、それだけで生き方やできることに幅が広がります。また中には病気やけがはほとんどかかったことがないという方もおり、健康保険の必要性を感じていない人もいるとデータにあります。しかし必要性がなくても入っておくメリットは十分にあります。その理由の一つにいつ健康を損なってしまうかわからないからです。もしかしたら気づいていないだけで体内では症状として出にく病気にかかっている可能性もあります。また急な交通事故や外傷を負う可能性もあります。そういう時に入っていると様々な保証が付く為、将来を見据えて入っておいて損はないといえます。

日本における健康保険とは

健康保険とは、国民の生活における健康と安定を守るための保険制度の一つであり、基本的には病気やケガなどの出費に対して自己負担分が軽減される仕組みとなっています。企業においては雇用者の福利厚生として社会保険(社保)という呼称の医療保険となり、健康保険法に基づくものとなっています。社会保険加入とならない自営業の人なとは国民保険(国保)という呼称の地域保険となります。公務員などは共済組合保険加入となりますが、こちらは国家公務員共済組合法に基づくものとなり、ベースそのものが別になっています。健康であっても保険料は支払い続ける義務があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 加入必須の健康保険の種類 All rights reserved