健康保険と扶養家族

健康保険における扶養とは

国民全員の健康のための健康保険

日本では国民全員の健康を考えて、全ての方が健康保険に加入することが義務付けられています。ですが健康のために保険に加入するといっても、全ての方が被保険者となって、保険料を支払わなければならないわけではありません。扶養という形で、世帯主の方が、家族の分をまとめて支払うことも可能です。また家族なら誰でも扶養家族になれるわけではなく、共働きの夫婦の場合であれば、双方が年収130万円以上の場合、別々に健康保険に加入する必要があるなどの基準が存在しています。妻が夫の保険に入りたい場合には、年収を130万円以下に抑えるなどの基準を満たしているか確認しましょう。

日本の優れた健康保険の仕組み

健康保険は病気やけがをしたときに医療機関で使用するものです。健康なうちは役に立つことはありませんが、いざ病院での治療を受ける際には窓口で提示することで3割の負担で治療を受けることが出来ます。この仕組みは社会の仕組みに組み込まれており、サラリーマンであれば意識することなく支払っているのが一般的です。働いていない人の場合には稼いでいる人の扶養家族となっていれば扶養者として健康保険の枠組みの中に入ることが出来ます。この仕組みで国民の健康を維持するのが日本の仕組みであり、世界的にも恵まれているといわれる仕組みなのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 加入必須の健康保険の種類 All rights reserved