健康でも加入義務あり

加入必須の健康保険の種類

加入義務がある健康保険の種類

日本では誰でも医療保険に加入するよう法律で義務付けされているため、健康・不健康に関わらず何かしらの健康保険に加入しています。会社員の多くが利用する社保、公務員には共済組合、自営業の場合には国保。75歳以上の場合には後期高齢者医療など職業や地域、年齢よって種類があります。派遣社員の場合には、派遣社員のために設立された組合にて雇用契約後次の契約まで一定の中断期間がある場合には資格が損失してしまうため、一定の要件をすべて満たす場合には資格を損失せず被保険者として利用できる健康保険があります。会社員などの社保には組合連合会か保険協会があります。

健康保険を上手く使って健康保持

病気などは早期発見、早期治療が原則です。早く見つかれば早く治療が受けられます。そのためにも健康診断は欠かせません。また、日頃から意識を持って行動をすることも大事です。運動習慣や生活習慣がしっかりと出来ていないが為に、病気になってしまうこともあります。病気の早期発見や早期治療では、健康診断が重要です。また、治療には健康保険が役立ちます。本来支払うべき医療費が原則として3割で済むという、世界でも例を見ないほどの優れた制度となっています。保険料の負担をしっかりとしておくことで、医療機関を安価に受診が出来るわけです。

↑PAGE TOP

Copyright © 加入必須の健康保険の種類 All rights reserved